看護学校の入試問題について

看護学校の入試問題について

看護学校の入試問題は、国語、英語、数学、生物、化学がメインで、小論文や面接がある学校も多いようです。
高校2年生までの学習を基本に、応用問題も出されますがほとんどは基本的な問いであると見受けられます。

 

国語に関しては、学校によって現代文だけであったり、古文や漢文も出題されることもあったりと様々なので、受験したい学校の過去問を探して解いてみるのが良いでしょう。

 

看護学校の入試問題は、テキストが出版されていたり、探せば情報は多く発信されているので、見つけることは容易だと思います。
看護学校の過去問や予想問題を集めた問題集、それに伴った参考書も出ていたりと、勉強は比較的進めやすい分野であると言えます。

 

看護学校の入試問題集は、書店で売っているものの他に学校が独自で作成しているものもあります。
それはさすがに書店には置いてませんので、学校に問い合わせるか、学校案内などの資料請求をした際に一緒に送ってもらえることもあるので、一度調べてみましょう。

 

また、過去の入試問題を手に入れる方法としては、学校のオープンスクールやオープンキャンパス、入学説明会などで配布することもあります。
ご自由にお取りくださいと書いて置いてあることもありますので、学校に行く機会があれば、よく見ておくと良いでしょう。

 

看護学校の入試問題は、高校や予備校、塾などに置いてあることもあります。

 

一般の大学入試などと違い、看護学校の入試問題ではひねくれた問題は出にくいと言えます。
基礎が重視なので、出題範囲の基礎を徹底的にマスターする必要があります。
毎年これが出ると決まっている学校も中にはありますが、予測不可能な要素が多いのが毎年の入試です。

 

問題作成者が変われば問題傾向も変わります。
社会で起きてる問題が大きければ、例年と変わった国語の問題が出ることもあります。
本番、どんな問題にも対応できるように、試験に向けた体調管理も含め、準備は万全にしておきましょう。